PSPとか東方とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□ CustomFirmware Enabler for ChickHENを導入する

CustomFirmware Enabler for ChickHENを導入する

ChickHENのリリースで対策基板のPSPでも自作アプリが動かせるようになりましたが、
このツールを利用することでPSP-2000限定ですがUMDのバックアップ起動やPSOneを動作させることが可能になりました。CFW用のプラグインも動かせるようになったようですので、CFWとほぼ同じことができるようになってますね。
そんなCFWEnabler for ChickHENの導入について説明していきます。

<関連記事>
[> ChickHEN R2で公式FW5.03から自作アプリを起動させる

[追記 09/06/01]
CFWEnabler v2.10がリリースされ、PSOneの起動もサポートしてくれるようになりましたね。PSOne関係の導入についても追記しておきました。

[追記 09/06/04]
バグフィクスを中心としたCFWEnabler v2.50がリリースされましたね。
基本的なところはv2.10と変わらないようです。

注意及び利用規約
この記事の内容はSONY非公式の行為です。何らかの不具合が生じたとしても全ては自己責任ということになりますので注意して下さい。


【ChickHEN R2について】

このツールを公式FWで動作させるにはChickHENの導入が前提となります。

◆ 「HEN」とはどのようなものか
Homebrew ENabler(HEN) との名前通り、自作アプリ(Homebrew)の起動を可能とさせてくれるものです。今回リリースされたChickHENでは公式FW5.03にあるTIFF画像読み込みに関する脆弱性を利用しているため、公式FW5.03でなければこのHENを利用することができません。

◆ ChickHENの導入の仕方
[> ChickHEN R2で公式FW5.03から自作アプリを起動させる



【準備するもの】


(1) Custom Firmware Enabler v2.50 本体
  Custom Firmware Enabler v2.10 本体
※記事ではv2.10で解説していますが、
バグフィクスのされた新しいバージョンを使うほうが良いかと思います。
(2) PSARdumper with PSP 3000 modules decryption
(3) ChickHEN R2を導入済みのPSP-2000
※ PSP-1000、3000では現段階では動作させることができません。




【Custom Firmware Enabler v2.10(v2.50)を導入する】


①最初にChickHEN R2を導入済みのPSP-2000を用意します。
繰り返しますが、PSP-1000、3000では現段階では動作させることができないので注意しましょう。
ChickHEN R2を導入済みのPSP-2000を用意します

②CustomFirmware Enabler for ChickHEN本体をダウンロードして解凍し、出てきた「CFWEnabler」というフォルダをそのままms0:/PSP/GAME/へ移動させます。
このような階層になるようにCFWEnablerフォルダをms0:/PSP/GAME/へ移動させます

③次にXMBよりCFWLoader v2.10(v2.50)を起動させます。
XMBよりCFWLoader v2.10(v2.50)を起動させます

④するとこのようなGUI画面になるので、まずは「Flash And Start」を押してM33系モジュールを内部flashに書き込ませます。
M33系モジュールを内部flashに書き込ませます

Flashに書き込んでも良いか確認されるのでYESを選択します

⑤CFWEnablerが起動すると自動でXMB画面にもどります。起動後はM33系のVSHメニューが使用可能となり、本体設定でバージョンが「5.03M33」となります。
本体設定でバージョンが「5.03M33」となっていますね

セレクトボタンからVSHメニューが使えますね。NoUMDドライバーも使用可能なようです

あとはCFWと同じ要領でメモリースティックからのISOバックアップ起動などが可能になっているはずです。スクリーンショットなどのCFW用のプラグインも使用可能なようでした。
とうとう対策基板でバックアップ起動ができるようになりました

ためしに導入してみたCWCheatもしっかり動作していますね



【PSOneが動作可能な環境を整える】


①まずはPSARdumperで公式FWをDecrypt(展開)させます。
PSARdumperで公式FWをDecryptさせます

EBOOT.PBPを展開させます。今回はFW5.00を展開させました

②公式FWはメモリースティックのルートに「F0」に展開させるので、「F0」の「kd」フォルダ内にある「popsman.prx」と「pops.prx」の2つのファイルを取り出します。
「popsman.prx」と「pops.prx」を取り出します

取り出した「popsman.prx」と「pops.prx」の二つは、ms0:/PSP/GAME/CFWEnabler/Pops/へと移動させます。
ms0:/PSP/GAME/CFWEnabler/Pops/へと移動させます

④CFWEnabler v2.10を起動させると、Popsのサポートを有効にするかと問われます。
指示に従って有効にしましょう。
Popsのサポートを有効にさせます

⑤あとはXMBからPSOneソフトを読み込ませてみます。Popsのバージョンによって動作しない・不具合がある等があると思いますが、とりあえずこれでPSOneが起動できる環境は整っているかと思います。
PSソフトも起動できるようになりました

Popsのバージョンにもよるかと思いますが、キチンと動いてくれますね

<関連記事>
[> 公式PS1エミュレータで手持ちのPS1ソフトを起動させる

[参考] PSPnfo / PSP software 2nd. 様
ttp://pspnfo.orz.hm/index.php


※電源を切ると元のFW5.03に戻ることについて

このCFWEnablerはHENと同様に電源を切ると元のFW5.03に戻ってしまいます。これは仕様ですのでどうしようもないかと思いますが、スリープモードならCFWEnablerを走らせた状態を保つことはできます。例え電源を落としたとしても、またChickHEN起動→CFWEnabler起動という手順を踏めば問題ないかと思います。CFW Loader for ChickHENからCFWEnablerを起動させる際にもflashの書き込みが済んでいる状態なので、×ボタンを押すだけで良くなりますね。


※プラグインの導入について

CFW Enablerは内部flashを書き換えているCFWとは異なり、電源を切れば元のFW5.03に戻ってしまいます。したがってリカバリーモードにも入れないためプラグインの導入には「plugins config editor」 などを使っていくことになると思います。

[参考] カスタムなPSPblog 様
ttp://blog.livedoor.jp/piccolo33/archives/50573917.html


以上でCustomFirmware Enabler for ChickHENの導入解説を終わります。
とうとう対策基板でもISO起動もできるようになりましたね。まだPSP-2000限定ではありますが、今後の展開が期待されますね。

いつもどおり、質問等ありましたらコメントへお願いします。
「コメント等で質問をされる前に」をお読み頂いてから書き込みをお願いします。


アクセス解析

【コメント】 ※スパム対策のため「http」をNG設定してあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takotako24.blog95.fc2.com/tb.php/121-af6ac63a

 | HOME | 

プロフィール

HTR


アクセスカウンター


HIT

東方Project オススメ記事


PSP向け東方壁紙特集
PSP向け東方壁紙特集

とりあえず東方ノーコンクリアを目指す集い
とりあえず東方ノーコンクリアを目指す集い

PSP関係 オススメ記事


PSPでうみねこのなく頃に散を起動させる
PSPでうみねこのなく頃に散を起動させる

PSPでうみねこのなく頃にを起動させる
PSPでうみねこのなく頃にを起動させる

PSPでひぐらしのなく頃にを起動させる
PSPでひぐらしのなく頃にを起動させる

PSPで月姫を起動させる(不完全版)
PSPで月姫を起動させる(不完全版)

「ONScripter for PSP」の参考書(暫定版)
「ONScripter for PSP」の参考書(暫定版)

PSPでテトリス風味のゲームを動かす
PSPでテトリス風味のゲームを動かす

主な記事

最近の記事

最近のコメント



上海アリス幻樂団
東方Wiki

当ブログのバナーです。よろしければお使い下さい。

気が向いたらこっそり押してみてください
 
    リンクやトラバ等はご自由にどうぞ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。